睡眠に関するアンケートはどんな企業が行っている?

睡眠に関するアンケートはどんな企業が行っている?

国や地方自治体をはじめ、数多くの企業などもさまざまなアンケート調査を行って国民生活の把握や意識調査、市場のニーズ調査や嗜好など、数多くの人々の情報を収集します。

企業であれば商品開発や改良、経営戦略の方針を決定する際などにも消費者の生の声は欠かせないものである為です。

様々な種類のアンケートが存在しますが、睡眠に関するアンケートも良く目にする機会がありますが、睡眠に関するアンケート調査はどのような企業が行っているのでしょうか。

例えば快適な睡眠を提供するサービスに携わっている寝具関係の会社は最たるものです。その他にも健康促進に携わる商品を開発しているさまざまな企業は、健康に大きな影響を与える睡眠に関しては必要な情報として欠かせません。

人間の生活に重要な役割を担う睡眠の情報はさまざまな企業で求められているのです。

20代から40代の男女の平均睡眠時間は?

20代から40代の男女の平均睡眠時間は?

20代から40代の男女の理想的な睡眠時間は7~9時間です。

実際に調査を行ってみたところ20代の男女の平均は7時間16分、30代では6時間57分、40代では6時間59分という結果が出ています。

平均時間はあまり差はありませんが、全体的な傾向を見ると年代により違いがあります。20代と30代では日中も眠い、常に寝ていたいという方が多く過眠傾向にあります。

しかし40代では睡眠時間そのものが短くなる人が多く、不眠症になる人も増加傾向にあります。

その上40代では寝ている途中で起きてしまう「中途覚醒」になってしまう人が多くなります。

睡眠時間が減るだけではなく、眠りの質自体が悪くなってしまいがちなので注意が必要です。

20代から40代の男女の多くは睡眠の質が悪い?

20代から40代の男女の多くは睡眠の質が悪い?

20代から40代にかけての男女の睡眠の質(短時間で起きてしまう・トイレが近い)が悪いとされている理由は、ストレス・飲酒・体質に合わない寝具・健康上の問題といった点が挙げられます。

ストレスは、仕事・家事・育児・介護といった社会生活をしている上で確実に発生する事柄ですので、ストレスと上手に付き合う事(悩みを溜め込みすぎない・運動をしてストレス発散をする)で深い眠りに至るでしょう。

飲酒はビール350㏄・日本酒1合といったレベルが適量とされている事から、お酒と上手に付き合って快眠につなげるようにして下さい。

寝具は、首・背骨にフィットしない製品を使っていると良くないので、実際にショールームに行って試す事や信頼感のある製品レビュー等をチェックして安眠になる努力をしましょう。